スタッフインタビュー

部長 入社7年 片山 雄介

ドコモ事業部 部長

コサキ株式会社に入社したきっかけを教えて下さい

前職は雑貨の小売り業で、店舗開発などをやっていました。
転職活動をする中でコサキ株式会社を見つけ、「携帯は無くならないな」と思ったのがきっかけで入社しました。

お仕事のやりがいや面白みを感じるところはどんなところですか?

一スタッフの立場から言えば、この仕事は”同じ顧客がいない為、同じ対応をしていても上手くいかない”ということ。
お客様それぞれの事情に合わせて色々なパターンで対応していかなければいけないのですが、僕はどちらかというと飽き性なので、変化があった方が楽しいと感じます。

管理職としては、「教育が全てだ」と思っているのですが、今の時代昔のように「お金が稼ぎたい」という方だけではなく、
「休みが欲しい」といった、これまでと全く違った考え方を持ったスタッフが沢山います。
今はそういった人達の考え方に合わせながら教育することに面白みを感じています。

部長から見たスタッフさんや会社の雰囲気を教えて下さい

抜くところは抜き、締めるところは締める、といった雰囲気で決して悪くないと感じています。
やはり、ずっと気を張りっぱなしというのは誰でも疲れてしまうので、楽しく働けるのであればそれに越したことはないです。
気を抜いて働ける環境も必要なので、空気作りは大切にしていますよ。

会社の”良い所”はどんなところだと思いますか?

そうですね、”人情味”がある所じゃないかな、と思います。
一度辞めてしまったスタッフに関しても、再雇用までの期間がとても早いのですが、他の企業ではなかなか無いことだと思います。

どういったスタッフさんを求めていますか?

自立した方、自発的な方ですね。
自分で考えて「これが出来ない」「これが足りていない」と気が付いたら、自分からどんどん聞いて身に付けていける方が理想です。

お仕事をする上で大切にしていることがあれば教えて下さい

出来ない理由ではなくて、出来る方法を探すことを考えています。
あとは、「バランス感覚」ですかね、本社と現場、ドコモと他のキャリアさん、などあらゆるところにバランス感覚が必要で、それを持っていないとなかなか管理職というのは出来ないのではないかと感じています。

現場のスタッフさんと面談などはされたりするのでしょうか?

今はなかなか時間が割けていないのですが、各スタッフのコンディションだったり、何気ない日常会話の中で日々の仕事をどう感じているかなどは気にするようにしています。
入社して3ヶ月くらいの場合、大体みんな気を張っていて、4ヶ月程度経ってくると少しずつ本音が出だしてくると思うのですが、
雑談などする中で、ちらっと様子を窺ったりなどして細かい所に気を配ったりするようにはしています。

クレーム対応なども少なからずあると思うのですが、落ち込んだスタッフのフォローはどうやっていますか?

接客業というのは、相手が生きている人ですから口の利き方一つでクレームになる、ということももちろんあるわけです。
そうならないように次は気を付けていこう、と経験を積むことで日々接客が研ぎ澄まされていくと思うのです。
最初から出来る人間は一人もいないので、まずは色々な顧客と応対してみてください、というのが僕の考え方です。

会社の評価体制に関してはいかがでしょうか?

そうですね、僕は課長職に1年で就かせて頂いたので、評価は早いと感じています。
きちんと会社を理解した上で経営側と手を組んでやっていける能力のあるスタッフであれば、1年~半年で役職にも就けると思います。

今後の目標を教えて下さい

コサキを大きくすること、それだけです!
規模も従業員数も大きくなり、様々な世代の従業員を雇用する為、事業拡大を進めて下さっていると理解しているのですが、事業拡大と共に内政管理の更なる充実も必要だと思っています。

MOBILE STAFF INTERVIEW

求人情報

Copyright© Kosaki Co., Ltd. All Rights Reserved.